2013年12月08日

234.国際語

香港からフィジーに向かう機内。
となりの席には若い女性が独りで座っていた。

機内にフィジーの入国カードが配られると、その女性が日本語で話しかけてきた。

「これ、なに?」

これ、なにってなにって感じだけど、一応、
「フィジーの入国カード」って言ってみた。

しかし、理解してないような顔をしている。

発音はきれいだったけど、多分日本人じゃないんだろうと思って、ガイドブックの記入例のページを開いて、「日本語、読める?」って見せてみた。
返事は「わからない」

しょうがないから、一項目ずつ説明することにした。
しかし、実は彼女、あいさつ程度の日本語しか理解していないことが分かった。
しかも、"Family Name"程度の英語も読めないし、自分の国籍(中国人だった)の"CHINESE"のスペルも正しく綴れないくらい英語も理解していない。

簡単な日本語と、ほんのほんのほんのちょっとの僕の中国語の知識と、電子辞書(中国語も入ってる)を駆使して、どうにか彼女の入国カードが完成した。


普段、英語がしゃべれなくても大丈夫といいながら、やっぱり実は英語のお世話になっていることを痛感した。




ちなみに、その後、筆談と電子辞書を駆使してコミュニケーションを図ったところ、彼女は佛山市(広東省)の出身で、日本食レストランで働いていたため、少し日本語がしゃべれるとのこと。
今回のフライトはソロモン諸島の親類を訪ねるのが目的らしい。

ん?ってことはフィジーでトランジット?
入国カード要らないじゃん。。。

P1030271_R.JPG

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆◇◆お願い!旅立つときはここを通ってください◆◇◆

★本の世界でヴァーチャルで旅をしたくなった方↓
     

★リアルに旅をしたくなった方↓
  
 私も使ってます。    宿予約はここ。     
 格安航空券
posted by bar at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

235.一度泊まってみたい

一度は泊まってみたいホテルといったら…
いわゆる超高級ホテルみたいなとこに憧れはほとんどない。(泊まらせてくれるなら喜んで泊まるけど)
どうせなら個性的なホテルに泊まりたい。

海外だったら、
スウェーデンのアイスホテルとカッパドキア(トルコ)の洞窟ホテルとかな。

日本だったら、
↓絶対ここ。横浜中華街のなかに建つこのホテルを見かけてから、ずっと気になってる。
 この妖しさ満載感になんか魅かれる。(ちゃんと営業してるらしい。)

P1030072_R.JPG

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆◇◆お願い!旅立つときはここを通ってください◆◇◆

★本の世界でヴァーチャルで旅をしたくなった方↓
     

★リアルに旅をしたくなった方↓
  
 私も使ってます。    宿予約はここ。     
 格安航空券
posted by bar at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

236.Value for money

太平洋の小国、ツバルに行った。
この国は観光で行く人もあまりいない(僕は観光だけど)から観光インフラがほとんど整っていない。

数少ない選択肢の中から、一軒の宿を選んだ。
日本円にして、1泊9,000円以上した宿はこんな感じ。↓

◆照明
→裸の蛍光灯
P1030230_R.JPG

◆クローゼット?
→塩ビパイプを吊るしただけ
P1030225_R.JPG

◆カーテン
→窓の幅より短い
P1030231_R.JPG

◆鏡
→この結束バンドの留め方、もう少しどうにかできないかなぁ
P1030226_R.JPG

◆バス・トイレ
→共同ではないんだけど、一回外に出ないと行けない
P1030235_R.JPG
↑左がトイレ・右がシャワー
P1030236_R.JPG
P1030237_R.JPG

◆建て付け@
→ドア曲がってんじゃん
P1030228_R.JPG

◆建て付けA
→壁の隙間はタオルで埋める!?
因みに、外の人の声が、まるで隣で話しているかの様に聞こえます。
P1030234_R.JPG



タイなら1泊500円だな。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆◇◆お願い!旅立つときはここを通ってください◆◇◆

★本の世界でヴァーチャルで旅をしたくなった方↓
     

★リアルに旅をしたくなった方↓
  
 私も使ってます。    宿予約はここ。     
 格安航空券
posted by bar at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

237.ツバルという国@−津々浦々

津々浦々を英語でいうと"From coast to coast(海岸から海岸へ)"と言うらしい。
このツバルという国(の首都フナフチのある島)は、ざっくりいうと三日月型をしているのだが、大部分は海岸から反対側の海岸まで1分程で着く。
一番幅のある中央部でも5分もあれば横断できる。
あっと言う間に津々浦々を回れる。(そして、やることがなくなる)

↓岬の先端の様に見えるかもしれませんが、この先延々と何キロも陸地が続いています。
P1030210_R.JPG
P1030211_R.JPG
posted by bar at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。