2012年01月11日

161.温泉

早朝にコタキナバル(マレーシア)のバスターミナルからミニバスに乗る。
2時間30分ほどバスに揺られて山道を登り、終点で降りる。
そこに1台だけ待っているタクシーに乗り込み、さらに1時間ほど行く。

そこに、旧日本軍が発見したポーリン温泉という温泉がある。

当然、帰りのタクシーなんて捕まえられるとこじゃないから、運転手に1時間半ほど待っていてくれるように頼んでその温泉に向かう。

少し進むと、野外に家庭のより一回り大きいくらいのタイル貼りの浴槽がいくつも掘られている場所にでる。
好きなところを選んで、自分で栓をして温泉の出る蛇口をひねってお湯をためる仕組み。

ぼくもひとつを選び、蛇口をひねる。
ちょろちょろとお湯が出てくる。

待つこと30分。

たっぷりのお湯……とはほど遠く、くるぶしの少し上くらいまでのお湯しか溜まっていない。
時間もないし、入らないのも悔しいから、足を上に投げ出し、取り敢えず無理やり肩まで浸かった。


この入浴姿ひとには見られたくない。

P1010394_R.JPG
P1010395_R.JPG

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆◇◆お願い!旅立つときはここを通ってください◆◇◆

★本の世界でヴァーチャルで旅をしたくなった方↓
          

★リアルに旅をしたくなった方↓
  
 私も使ってます。    宿予約はここ。     
 格安航空券

★取り敢えず検索!↓
&
&出発地目的地
&出発日
国内旅行情報
国内航空券
国内ツアー
海外旅行情報




posted by bar at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。